遺産相続について

  • 遺産相続について

遺産の相続は誰もが一生に一度は経験するものです。
ですが、遺産相続といっても
  • まだ、遺産相続は先の事だし考えなくても大丈夫。
  • 私たち家族は仲がいいから大丈夫。
と思っている方が多いのではないでしょうか?

相続紛争は
他人事ではないかもしれません!

相続税がかからない普通の家で争うケースが増えています。 争っている方の7割は遺産が5000万円以下であり、更に不動産が含まれるものが約5割です。[出典:裁判所HP] つまり、相続税がかからない家庭でさえも、相続問題で争っている現実があります。 近年増加している相続のトラブルは、幼少期から苦楽をともにしてきた家族・親族にしか分からない事情や家庭環境が複雑に絡み合い、 相続が引き金となってトラブルになる場合が多く、例え金銭的・手続き的に解決してもその後の人間関係に大きな影響を及ぼすことが少なくありません。

遺言書について

相続が開始すると、遺言書が残されていれば、先ず、原則はそれに従い相続人が遺産を分けることとなります。 未だ、遺言を書く日本人の割合は多くありません、相続問題はまだまだ先のことと捉えがちですが、 一旦認知症などを発症してしまうと、遺言、保険契約、不動産手続きなど、ほとんどの法的手続きはできなくなります。 ですから、元気なうちにできることから着手することがとても大切です。 ですが、遺言書を書いてもらったのに法律的に無効では元も子もないです。 遺言書はお手紙ではありません。小説でもない。遺言者の意思に法的効果をもたせる法律行為です。 そんな時は、司法書士に相談してください。 司法書士がちゃんと執行できる遺言書であることを作成・保障します。 「自分の意思」をきっちりと残しておくことが、相続人が「争族人」と化してしまわないために重要となります。

もし、相続紛争になった場合

裁判所で遺産分割調停という申立てをして、 調停委員を交えて話し合いをすることができ、この裁判所への申立て書類の作成に関しては司法書士がすることができます。